読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

等々力好泰の放浪記

趣味の釣りや映画鑑賞、喫茶店巡りなどを綴ります。

長野でのワカサギ釣り

先日、釣りビジョンで今年1月に放送された番組の長野編をやっと見ることができました。というのも、録画をするものの見る時間をきちんととっていませんでした。長野編では木崎湖でワカサギを釣っていました。私自身、木崎湖で釣りをしたことがあります。自分たちで釣ったワカサギをその場で食べることが出来て家族でいい思い出になりました。この番組を見て思い出しました。

家族とキャンプに行った際、木崎湖で釣りをしました。木崎湖にはキャンプ場があります。宿泊施設が充実していて二階建てバンガローで電気もついていました。寝具だけ持ち込めばあとは困りません。二階建ての他にも岬バンガローがあり、湖が目の前に広がっています。室内は少し狭いですが、子どもたちはこの部屋がいいと一点張りだったので、この部屋に泊まることにしました。眺めがとても良く天気も良かったので絶好の釣り日和でした。妻や子どもたちも湖に出てみたいと言ったので、早速モダンボードの方へ行きました。

ボート乗り場に行くと私たちのような家族がいました。既に釣った魚を天ぷらで揚げている人たちも。釣り用具はもちろん、調味料やコンロセットも貸し出しをしているので手ぶらで行けるのがいいですね。スタッフの方を筆頭にワカサギ釣りを開始しました。ワカサギ以外にもブラックバスやマス釣りもありますが、私はワカサギの天ぷらが好物でして、妻と子どもたちも賛同してくれるだろうとワカサギ釣りにしました。スタッフの方がワカサギのよく釣れるポイントを教えてくれます。そこに仕掛けをして反応が出るまでしばらく待ちます。妻は釣りより湖の景色に夢中でした。驚いたことに、すぐに反応が出てリールを引いてみると一匹釣ることが出来ました。子どもたちもこれには大はしゃぎです。そこから40分ほどかけて続けると20匹近く釣れました。

スタッフにお願いをして調味料とコンロを借りました。その場で天ぷらにして食べました。さっきまで元気よく泳いでいた魚を食べるなんて、不思議な体験でしたが新鮮なのかお店で食べたワカサギの天ぷらより美味しく感じました。

趣味である釣りはお世辞にも上手いとは言えませんが、自然に囲まれた環境で湖を眺めながらする釣りは精神を穏やかにさせますね。家族であまり釣りをする機会がありませんでしたが、妻や子どもたちも楽しんでいたようでいい休日を過ごしました。