読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

等々力好泰の放浪記

趣味の釣りや映画鑑賞、喫茶店巡りなどを綴ります。

永遠の0を視聴

お祭りに行った次の日に何か見ようと思い録画した番組を見漁っていたら、あっという間に時間が過ぎてしまいました。一番古いものから見ようかなと思ったら、ちょうどチャンネルNECOで永遠の0が放送されていました。途中から見たのですが、V6の岡田さんの演技に惹きつけられそのまま永遠の0を見ることにしました。永遠の0は戦時中の話です。岡田さんは主人公である宮部という役を演じていました。宮部は航空兵という立場で命を捨ててまで国を守らなければならない使命であったのにも関わらず、彼は巧みで慎重な操縦により墜落されることなく、生き延びていました。そんな彼に対して臆病者と詰る人々は多くいました。宮部を演じる岡田さんが部下に対して言った「お前が死んで悲しむ者はいないのか?!」という台詞に心うたれました。台詞もさながら岡田さんの演技力に強く感銘を受けました。気迫の演技力に目や表情で訴える様は画面越しに想いが伝わってくるほどです。彼は後ほどアカデミー賞を受賞していました。戦争を経験したことのない彼はどんな気持ちでどんな思いで宮部を演じたのか、それはもう彼の演技力を見ればわかります。日曜昼には少し内容が深い映画視聴でした。

広告を非表示にする