読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

等々力好泰の放浪記

趣味の釣りや映画鑑賞、喫茶店巡りなどを綴ります。

諏訪大社へのお参り

先日、妻と共に諏訪大社に行ってきました。相も変わらずとても暑かったですが、天気が良く安心しました。諏訪大社はパワースポットとしても有名らしいです。他人事のようにお伝えしているのは長い間通っているので、私にとって当たり前に感じているからです。多くの神社や寺を見てきましたが、諏訪大社ほど大地のエネルギーを感じる神社はないかもしれません。夏休みなのか、観光客もいつも以上にいた気がします。正面の鳥居から除く境内は緑の木々の隙間から差し込む光で彩られていました。自然と陽の光のコントラストが個人的には好きです。年間に何度か訪れる諏訪大社ですが、夏に来るのは意外にも初めてかもしれません。下社秋宮にある太いしめ縄にはいつも驚かされます。万治の石仏は暑い中、ずっしり身構えて鎮座していました。冬に訪れると雪の積もった姿を見ることができます。まるで日本むかし話に出てくる笠地蔵を思い出させます。あの芸術家で有名な岡本太郎さんもこの万治の石仏を絶賛していました。諏訪大社は上社本宮、上社前宮、下社秋宮・下社春宮があり、それぞれでもたらす後利益が違います。私たちは下社秋宮・下社春宮にて、お参りをしました。下社秋宮・下社春宮では家庭運や結婚運をもたらすと言われています。また秋宮では現在やっていることをさらに発展させる力、春宮では新しいことを始める際に立ち上げる力をもたらしてくれるそうです。諏訪大社にいる巫女さんも親切な方が多く、分からないことや不思議に思ったことを聞けば丁寧に解説してくれます。夏の諏訪大社からエネルギーをもらった1日でした。