読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

等々力好泰の放浪記

趣味の釣りや映画鑑賞、喫茶店巡りなどを綴ります。

諏訪市に打ち上げられる花火

長野といえば花火、とこの前妻のお義兄さんに言われそういえばそうかもしれないとしみじみと思いました。私は自然の豊かさや日本の四季を感じられるところが長野の良さだと思っています。ニュースでは都内の様子を伺うことができますが、緑が常に視界に入る長野とは別世界のように感じてしまうほどです。長野といえば花火、ということですが毎年長野県では花火大会が頻繁に行われています。長野の山から打ち上がる花火は深い青に染まった空によく映えます。東京から来たお客様をタクシーに載せて旅館まで案内した時、空は繋がっているはずなのに、長野の空は澄んでいて星がはっきり見えるなーと仰っていました。そして現在、諏訪市にある上諏訪温泉諏訪湖上からほぼ毎日15分の間、花火が打ち上がっています。湖から打ち上げられた花火はまるで咲いた花のようです。これは一か月の間、特にお盆の期間に集中的に毎日打ち上げられます。夏の風情を間近で感じることができる為、観光客もさらに多くなります。花火を見る為の納涼船もあります。混雑は一切なく、ゆっくり打ち上がった花火を見ることができます。花火を見て思うことは今年も夏が来たな~ですね。花火を見ながら食べるスイカもまた格別に美味しいです。今年はまだ食べていないので妻に頼もうと思います。