等々力好泰の放浪記

趣味の釣りや映画鑑賞、喫茶店巡りなどを綴ります。

槍ヶ岳登山

山の日という事で職場の同僚達と共に槍ヶ岳に登山をしに行きました。私は本格的な登山は今回初めてです。周りの同僚達は会社内で登山サークルを作る程の経験者達です。事の発端は「折角長野に住んでいるのだからもったいない。釣りも良いけど、この時期山登りも良いものだよ」という事でいきなり槍ヶ岳登山に同行です。

上高地でキレイな川や草花が出迎えてくれます。じょじょに進むと山道になっていきます。途中「明神館」で休憩してから突き進みます。自然や緑も深くなり道も登山らしくなっていきました。暫く歩き「横尾山荘」に到着して休憩。メンバーの中に60歳の方がいます。社内で私は彼の体調をよく気を使っていましたが、この場で息切れをしてる私に「等々力くん、大丈夫かい?」と逆に気を使われてしまう。とても元気なお爺ちゃんと思っていましたがここに健康の秘訣があったようです。

ですが、私だって意地はあります。「大丈夫です。先に急ぎましょう」と私を気遣うメンバー全員に声を掛けます。内心は「もう、疲れた」と叫びたい位でした。

ここからが先へ進むと槍ヶ岳の入り口になります。槍ヶ岳方面に進むと橋や川が多く見られます。そのお陰か夏だと言うのに涼しく過ごせした。この涼しい環境なら登山は余裕かもと思っていたら案の定途中でフラフラになり私の為に休憩を挟みます。

「槍沢ロッジ」に着き食事と休憩後「馬場平キャンプ場」でテントを張り一晩泊まります。私は絶対に寝れないと思いましたが疲れ果てていた為、目を閉じた瞬間に朝4時を回り起こされます。

暫くしてようやく槍ヶ岳の槍の部分が見えました。急斜面をよじ登り「ヒュッテ大槍」で休憩。ここで日本アルプス絶景が堪能できます。この日は天気も良かったので絶景と自然を思いっきり堪能ができました。そして槍のてっぺんに着き皆が歓声を上げる中、私一人だけグッタリしていました。ですが、あの絶景は絶対に忘れません。槍ヶ岳に初登山をしてみて本当に良かったです。

家に帰宅して朝起きたら体全身に激痛が走り大変でした。

広告を非表示にする