読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

等々力好泰の放浪記

趣味の釣りや映画鑑賞、喫茶店巡りなどを綴ります。

久しぶりのマクドナルドで食事

今日もまだまだ暑いですね!今はトンボたちが飛び回っています。久しぶりにオニヤンマを見かけた時に思わず「おぉ!」と感激してしまいました。ちょっと前までは頻繁に見た気がしますが今ではたまに見かける程度になりました。キレイな川が減ってきたのかそれとも他にキレイな川に移ってしまったのか分かりませんがどっちとも悲しい理由には当てはまります。私もただ釣りをするのでは無くゴミを見かけたらできるだけ掃除をして帰宅しようと思いました。

 

先日新潟へ釣りに行った時にハリアーに付属していたカーナビが突然調子が悪くなり後日、購入したトヨタのディーラーがいるお店でメンテナンスをしてもらいました。車の運転には何も問題ないけどカーナビはここ最近よく使うので修理をお願いしました。どうやら原因は海水が付いた手で触ったりしたから?(皆、水で手を洗っていたしキチンと手を拭いていたから問題無さそうだけど他に原因が見当たらないので可能性が高いのは海水などによる汚染?)とは言えあくまで原因不明という事で無料で交換してもらいました。こっちに落ち度があるかもしれないのに申し訳なかったです。

 

家族でお店に来ていたので子供達は店内の休憩所で遊ばせて、妻は将来自分も購入するであろう自動車候補を探していました。妻が「この車、可愛くて良さそうじゃない?」とポルテを見ていた。確かにポルテはスライドドアだしコンパクトカーとは思えない広々とした空間です。これなら私が出張等でいなくても子供や犬を連れてドライブも簡単にできそうです。妻が「凄く良いけど、今は我慢ね・・・誰かさんが新車なんて買うから」とさり気なく嫌味を言われつつ、妻が将来購入するであろう自動車探しを二人で楽しんでいました。今回気づきましたが買わないけど自動車を見に行くのが夫婦揃って好きみたいです。ただの迷惑な客ですね。

 

こうしてカーナビの交換が終わりお店を出てご飯を食べに行く事になりました。子供達に何食べたい?と聞くと「マクドナルド!」声を揃える。目的はこの前、購入して上げた妖怪ウォッチのバージョンアップをしたいからという目的です。ゲームにバージョンアップだなんてファミコン世代の私にとって考えられません。私が小さい頃、夢中になったゲームなんてスパルタンXですよ。当時のゲームは目的とか知らないのに何故かあんなに楽しんでいたのかはよく分かりません。

 

久しぶりのマクドナルドで妻が私の袖を摘まみ「見て!月見バーガーだって懐かしくない?」と言う。私も「うわっ・・・懐かしいなぁ~」と反応する。実は二人にとって月見バーガーに特別な思い出がある。まだ結婚をしてない頃で同棲を始めたばかりの二人。引っ越しの荷物を整理したり収納スペースにしまったりと作業中。私が「腹減った~」と呟くと妻は「何か買ってくるよ」と財布を持って買い物しに行きました。そして妻が買ってきたのは月見バーガーセットでした。当時の私はかなりの健康オタクだった為「これ、食えない」と言うと妻が大激怒。当時暮らしていたアパートは周辺には何もなく妻も初めて歩く土地で、時間や苦労をかけてようやく見つけたのがマクドナルドでそのような経緯を知らずに私は心無い一言をズバっと妻に言ってしまったのです。その後、妻は別室で一人月見バーガーを食べて二人無言で作業をする。

私は我慢できずに空腹を満たすために月見バーガーに手を出す。すっかり冷めてしまったが一口食べて「・・・美味い」と言葉を漏らすと妻が「ぷっ・・・」と笑った。おかげで仲直りと二人で暮らす為に不要な過剰健康オタクを改めました。

 

こうして家族みんなで月見バーガーを頬張りながら子供達は妖怪ウォッチの話、私達は当時の思い出話を振り返っていた。私は「でも、月見バーガーだから今こうして結婚したのかもね」と言うと妻が「なんで?」と返すと「いや、食べた事があるハンバーガーだと仲直りできなかったかもしれないじゃん」と言うと妻は笑いながら「そうね、私達は月見バーガーで結ばれたのかもね」と二人で笑っていました。

 

食事が終わり時間もあったので何となく温泉に行こうと話になりドライブを兼ねて温泉にやってきました。すると以前川釣りで会ったおじさん達に遭遇しました。私はチャンス!と思い周辺の穴場スポットを聞き出したり最近の釣り事情を聞き出しました。以前は車が無く連れて行ってもらう感じでしたが自動車を手に入れた私は場所の選択権があると言っても過言では無く、しかも誰も知らないレア穴場スポットを知っているだけで会社の釣り仲間達から「等々力、お前良い所知ってんな!」「やっぱ等々力さんは凄いっす。他の先輩達とは違いますよ!」等々、社内だけでなく釣り仲間としての株が上がります。

穴場スポットと言う事で場所名は伏せておきますが、レアな場所を仕入れることが出来ました。さすがベテランの貫禄がある釣り師のおじさん達です。普段あまり足を伸ばさないような所も行くようです。早速今度行ってみようと思います。